読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Intelligent Technology's Technical Blog

株式会社インテリジェントテクノロジーの技術情報ブログです。

【Herlock】iOSアプリの確認

Herlock Android iOS

こんにちは、石尾です。

Herlockに関して投稿を一区切りしましたが、Androidアプリの確認だけでした。iOSアプリの確認についても投稿しておきます。

※前回同様に、Herlockはパブリックベータ版を利用しています。

デバッグアプリHerlockViewerでの確認

デバッグアプリHerlockViewerをiOS端末にインストールしておきます。
HerlockViewerを起動し、ユーザー名、パスワードを入力し、ログインすると、プロジェクト選択画面が開きます。あとは、Androidと同じ操作で利用できます。
※WebIDEでビルドせずに、開発アプリの確認ができます。
   
   

iOSアプリのビルド設定

HerlockViewerを利用しない場合、WebIDEでビルドを行います。iOS Developer Programへの登録が必要です。
また、リリースする段階になると、HerlockでビルドしたiOSアプリをApp Storeにアプリを登録するため、Mac上で動作するApplication Loaderが必要となります。

メニュー[ビルド設定]をクリックすると、ビルド設定ポップアップが開きます。

アプリケーション情報の設定では、アプリケーション名などの設定を行います。

下へスクロールすると、対象デバイスも設定可能です。

画像の設定では、アイコン画像とスプラッシュ画像の設定を行います。
証明書の設定では、iOS証明書の設定を行います。
WebIDE上から秘密鍵を作成することも出来るようですが、記事執筆段階では、ビルドに失敗してしまいました。(ipaファイルが作成できませんでした。)
今回は、Macのキーチェーンアクセス、iOS Provisioning Portalを利用してデベロッパー証明書(p12形式)を作成し、アップロードする形式を採りました。キーチェーンアクセスの利用方法は以下が参考になるかと思います。
Flash BuilderでiOSアプリを作る【第3回】『証明書ファイルの作成(Mac編)』 | Developers.IO

作成したデベロッパー証明書を、[アップロード]ボタンをクリックして、アップロードしてください。

すると、下記のように登録が完了します。

また、iOS Provisioning Portalで作成したプロビジョニングプロファイルを、[アップロード]ボタンをクリックして、アップロードしてください。

すると、下記のように登録が完了します。

iOSアプリのビルド

メニュー[プロジェクト][ビルド]をクリックすると、ビルドポップアップが開きます。

[デバッグビルドを実行する]ボタンをクリックすると、ビルドを開始します。Androidの場合と同様です。

ビルドが完了すると、ダウンロードリンクが表示されます。ビルドに失敗すると、リンクが表示されなかったり、前回のリンクのままになります。

ダウンロードリンクをクリックすると、ipaファイルがダウンロードできます。デバッグビルドで作成したipaファイルは、iTunesを利用して、iOS端末へのインストールが可能です。

感想

iOS端末での開発アプリは、HerlockViewerを利用すれば、Macがない状態でも確認できるので便利だと思います。
今回ビルドに失敗した際、Herlock側に問い合わせして、やっと失敗の原因が分りました。ビルドエラーの原因メッセージを表示してもらえると有難いなぁと感じました。
また、普段iOSアプリ開発する場合、秘密鍵や証明書は、iOS Developers Programと各開発PC上で管理しますが、Herlock側でも管理されることとなります。このリスクは、利用者側でも認知する必要があります。1点Herlock側のインターフェースとして、証明書等のアップロードだけでなく、削除する機能があれば、少しはリスクが軽減できるかなぁと思います。